物流倉庫管理システムWMS

物流倉庫管理システム

WMSとは?

物流倉庫管理システムで物流の「効率化」と「見える化」を!

  1. 個別対応が必要な商品、小ロットの商品の流通加工
    スピーディな物流サービスに対応したい
  2. 在庫管理の精度を向上させたい
  3. 物流倉庫新設に伴い、しっかりとしたシステムを導入したい
  4. 物流関連のシステムをグレードアップさせたい
  5. 物流コスト低減を追求するため、コストの可視化をしたい

在庫管理作業管理

WMS=物流倉庫管理システムのメリット

  • POINT1

    物流フローの効率、正確性の向上

    入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷の効率アップ、正確性の向上が見込めます。
    生産性が向上することにより、作業時間が短縮され、人件費削減に繋がります。

  • POINT2

    ベテラン・新人の差がなく、高レベル・安定の作業効率

    倉庫での経験やコツによる作業スキルを必要としないので、引き当てなどの際も、ベテラン・新人の差がなく、高レベルかつ、安定した作業効率の実現が可能。
    人員確保のリスク軽減や、教育のための時間・経費削減にもなります。

  • POINT3

    トレーサビリティ、誤出荷などの原因究明のツールにも

    トレーサビリティ(追跡が可能な状態)など、今後需要が見込まれ、新規荷主獲得営業の武器に。荷主が増加や、複雑な出荷依頼などの際も、人的ミスを減少させることができます。また、誤出荷などの原因究明ツールにもなります。

  • POINT4

    精度の高い、在庫引き当て

    システムによって、在庫を管理することは、人的ミスの再発を防止し、荷主様からの信頼の確保が、荷主様の増加につながります。

  • POINT5

    歴然とした管理精度の差

    WMSの無い倉庫や、効率よく・汎用力のあるWMSを使っていない倉庫とは管理精度の差が明らかです。

ご注意ご検討中の倉庫のWMSは、EC店舗仕様に対応していますか?

一般的なWMSはEC店舗販売向けには仕様を変更できていないシステムばかりですが、当社のWMSはEC店舗に対応する為に標準のWMSをカスタマイズしています。
エスグローのWMSは、通常の荷主様や大手物流はもちろん、EC店舗様への対応に特化しています。

PAGE TOP